八尾の歴史・伝統文化

ゆるきゃら

古墳(こふん)時代の王の墓を復元

心合寺山古墳(しおんじやまこふん)

所在地:八尾市大竹4、5丁目 地図

しおんじやま古墳

史跡しせき心合寺山古墳しおんじやまこふんは、全長160メートル、古ふん時代中期に造られた中河内最大の前方後円ふんで、造られた当時の姿に復元しています。古ふんからは甲冑かっちゅうや鏡などの副葬品ふくそうひん、家やたて、きぬがさなどのかたちの埴輪はにわが出土しています。隣接りんせつするしおんじやま古ふん学習館では、心合寺山古ふんの案内・展示てんじ、体験学習など楽しく歴史を学べます。

室町時代の寺内町(じないちょう)の町なみ

久宝寺寺内町(きゅうほうじじないちょう)

所在地:八尾市久宝寺きゅうほうじ3丁目3番20号 地図

久宝寺寺内町

久宝寺きゅうほうじ寺内町じないちょうは、周囲にほりをめぐらし、室町時代から戦国時代にかけて顕証寺けんしょうじを中心にして発展はってんした町です。現在も白壁しらかべや『むしこまど』をもつ建物、碁盤ごばんの目のような路地など伝統的な町みが残っています。
八尾市には、久宝寺きゅうほうじ寺内町じないちょうのほか、八尾寺内町じないちょう萱振かやふり寺内町じないちょうが残っており、八尾のなりたちを考える上で重要です。

江戸時代の新田会所

安中新田会所跡旧植田家住宅(やすなかしんでんかいしょあときゅううえだけじゅうたく)

所在地:八尾市植松町1丁目1-25 地図

久宝寺寺内町

旧植田家住宅きゅううえだけじゅうたく江戸えど時代(1704年)の大和川付けえにともない、新たに開発された安中新田を管理するための「会所」の建物を継承けいしょうした歴史的に貴重きちょうな建物です。
修理を行った建物を一般いっぱん公開し、併設へいせつした展示てんじ室では旧植田家所蔵しょぞう古文書こもんじょや絵画、民具なども展示てんじしています。

(い)大なる先人たち

聖徳太子(しょうとくたいし)

聖徳太子

今から1400年ほど前、蘇我氏そがし聖徳しょうとく太子の連合軍と、当時の有力な豪族ごうぞくであった物部守屋もののべのもりやとの間で戦争が起こり八尾が戦いの場となりました。
聖徳しょうとく太子は四天王寺像をつくって戦勝祈願せんしょうきがんし、物部氏に勝利したことから、戦いのあった場所に大聖勝軍寺たいせいしょうぐんじ建立こんりゅうしたといわれています。

弓削 道鏡(ゆげのどうきょう)

弓削道鏡

奈良なら時代の高僧こうそう道鏡どうきょうは、八尾市南部の「弓削ゆげ」のあたりを拠点きょてんとしていた弓削ゆげ氏の出身です。称徳天皇しょうとくてんのう寵愛ちょうあいを一身に受けた人物で、太政大臣禅師だじょうだいじんぜんじから法王の位にまでのぼりつめました。
称徳天皇しょうとくてんのうは、道鏡の出身地に由義宮ゆげのみやをおき、たびたび行幸ぎょうこう天皇てんのうが出かけること)しました。

在原 業平(ありわらのなりひら)

在原業平

平安時代の六歌仙ろっかせんのひとりで、情熱的な和歌をむ歌人。神立辻こうだてつじの茶屋「福屋」のむすめこいをしたかれは、「業平の高安通い」という伝説を八尾の地に残しました。

蓮如(れんにょ)

蓮如

室町時代から戦国時代にかけて、蓮如上人れんにょしょうにん親鸞聖人しんらんしょうにんの教えを人々に説き、本願寺の興隆こうりゅういしずえをつくりました。
久宝寺きゅうほうじ村で布教し、その盛況せいきょうな様子は「帰するもの市のごとし」と伝わっています。
蓮如れんにょ上人は、久宝寺御坊きゅうほうじごぼうともばれる顕証寺けんしょうじの前身、西証寺せいしょうじ建立こんりゅうしました。その後、蓮如れんにょ上人の息子実順じつじゅん蓮淳れんじゅんによって、久宝寺きゅうほうじ寺内町が整えられていきました。

今 東光(こん とうこう)

蓮如

作家・僧侶そうりょ・政治家・易学者えきがくしゃ・画家として活躍かつやくするなど、多くの才能を発揮はっきしました。
昭和32年(1957年)小説「おぎんさま」で直木賞を受賞しました。
作家として、尊敬そんけいしている谷崎潤一郎たにざきじゅんいちろうさんや、一生の友となるノーベル賞作家の川端かわばた康成やすなりさんをはじめ、大正・昭和期に活躍かつやくした方々との交流が強く、「悪名あくみょう」「こつまなんきん」「河内風土記かわちふどき」など河内人の気質きしつ人情にんじょうを題材にした小説もたくさん残されています。