八尾ってどんなとこ?

八尾の自然(お花・植物)

春の自然

ハナモモ(久宝寺緑地)

四季によりいろいろな花が楽しめる久宝寺(きゅうほうじ)緑地。桃(もも)の節句(せっく)の花としてなじみの深いハナモモがピンクのキレイな花をさかせます。ポカポカ陽気の中、芝生(しばふ)の上で春のおとずれをゆったりと楽しみませんか。
例年、見ごろは3月~4月初旬(しょじゅん)。

ケイオウザクラ(水越付近)

高安山ろくは花作りの里として知られ、花き・花木の栽培(さいばい)がさかんです。春には、その一つケイオウザクラが辺りを桃色(ももいろ)にそめます。
例年、見ごろは3月初旬(しょじゅん)から中旬(ちゅうじゅん)。地元の人たちが栽培(さいばい)している花畑も多くありますので、畑の中に入らず、そっとながめて楽しんでください。

藤(八尾木北第1公園)

八尾木北第1公園内の藤棚(ふじだな)に、例年4月下旬(げじゅん)から5月上旬(じょうじゅん)にかけて、見事な藤(ふじ)の花が春のかおりをただよわせています。

シャクヤク(久宝寺緑地シャクヤク園)

久宝寺(きゅうほうじ)緑地では、色とりどりのシャクヤクがさきほこります。開花は例年5月初旬(しょじゅん)から。シャクヤク園は開花時期のみ開園されますので、詳細(しょうさい)は久宝寺(きゅうほうじ)緑地公園事務所にお問合せください。

桜並木(玉串川)

昭和40年ごろから周辺住民が協力して植えた桜の苗木(なえぎ)が成長し、春には約1,000本のソメイヨシノが5キロメートルにわたって桜のトンネルを演出します。桜並木(さくらなみき)は、近鉄河内山本駅から北側2キロメートルと南側3キロメートルの川沿(かわぞ)いに続きます。

夏の自然

アジサイ(安中町9丁目の長瀬川沿道)

梅雨時の雨に美しくはえるアジサイとハナショウブ。
安中町9丁目の長瀬川沿道(ながせがわそくどう)では、約300メートルにわたり、色とりどりのアジサイがさきほこります。見ごろは6月初旬(しょじゅん)~中旬(ちゅうじゅん)。

ハナショウブ(大阪経済法科大学)

大阪経済法科大学(おおさかけいざいほうかだいがく)内のふれあい池ではハナショウブがキレイな花をさかせます。池を囲む遊歩道(ゆうほどう)と休憩所(きゅうけいじょ)で、ゆったりと水辺空間を楽しむことができます。
見ごろは6月初旬(しょじゅん)~下旬(げじゅん)。

綿の花(歴史民俗資料館)

暑い夏、うすい黄色の花がさき、ひとときの涼(すず)しさをあたえてくれる綿の花。お盆(ぼん)(8月)のころには、白い綿が顔を出します。

秋の自然

ハギ(善良寺)

善良寺(ぜんりょうじ)(植松町6)の境内(けいだい)には、毎年、紅紫色(あかむらさきいろ)と白色のハギがさきほこります。
花ことばの「なつかしい想い出」のように、キレイで小さな花がおとずれる人の心を和ませてくれます。
例年、見ごろは9月中旬(ちゅうじゅん)から。
ハギがさき出すと、もうすぐ秋です。

キバナコスモス(安中町5丁目公園)

長瀬川(ながせがわ)沿(ぞ)いにある安中町5丁目公園周辺では、道行く人々に楽しんでもらうために地元の人たちなどによって植えられたキバナコスモスがさきほこり、花のあざやかな橙色(だいだいいろ)と秋のすんだ青空が見事なコントラストをうつし出します。見ごろは9月下旬(げじゅん)から11月にかけて。
この公園を中心として長瀬川(ながせがわ)沿(ぞ)いは四季折々いろいろな花々がさきほこり、とても良い散歩コースとなっています。

冬の自然

サザンカ(サザンカ通り)

近鉄八尾駅前から安中小学校付近まで南北に約1.5キロメートルにわたり続く「サザンカ通り」。冬の寒々しい景色の中で、赤やピンクのサザンカのいろどりが、行き交う人たちの目を楽しませてくれます。見ごろは12月初旬(しょじゅん)~中旬(ちゅうじゅん)。

スイセン(神立)

高安山山ろくの玉祖神社(たまのおやじんじゃ)(神立5丁目)の西側に、みなさんに楽しんでもらおうと植えられたスイセンがさきほこります。
例年、見ごろは1月下旬(げじゅん)から2月中旬(ちゅうじゅん)。

ウメ(八尾別院大信寺梅園)

八尾別院大信寺(やおべついんだいしんじ)(本町4丁目)の境内(けいだい)にある梅園や許麻神社(こまじんじゃ)(久宝寺(きゅうほうじ)5)の境内(けいだい)では、白梅(はくばい)・紅梅(こうばい)が春のおとずれを告げるようにさきほこります。
見ごろは2月下旬(げじゅん)から3月初旬(しょじゅん)

ウメ(許麻神社)

見ごろは2月下旬(げじゅん)から3月初旬(しょじゅん)

高安山の山肌を染める花々

市東部に横たわる高安山は標高488メートル、自然の宝庫(ほうこ)です。 山ろくでは花や木などの栽培(さいばい)がさかんで「花づくりの里」とも言われています。春には、サンシュユ・モクレン・ツバキ・サクラなど色とりどりの花々が山肌(やまはだ)をそめ上げます。
なかでも、水呑(みずのみ) 地蔵(じぞう)周辺の木々は一年中楽しませてくれます。この水呑(みずのみ)地蔵(じぞう)には、弘法大師(こうぼうたいし)というおぼうさんがこの峠(とうげ)をこえる旅人のために 祈願(きがん)して得た霊水(れいすい)と伝わる「弘法水(こうぼうすい)」がわき出ています。また、桜がキレイな場所でもあり、花を見ながらハイキングを楽しむコースの一つです。

行き方

水呑(みずのみ)地蔵(じぞう)へは、近鉄大阪線・河内山本駅で信貴線(しぎせん)に乗りかえの上、服部川駅から北東へ2キロメートル