火災から身を守る

火事だ!そのときなすべき3つのこと

1 早く知らせる

家族がいる場合は誰(だれ)かがすばやく「119番」に電話をし、誰(だれ)もいないときは近所に大声で「火事だ!」と知らせましょう。

2 早く消す

消化器や水で初期消火に全力行動します。
【油なべの場合】
1、ガスの元栓(もとせん)をしめる。
2、消化器で消す。
消火器がないときはフタをするか、軽くしぼったバスタオルを手前からかぶせましょう。

3 早く逃げる

煙(けむり)にまかれると呼吸障害(こきゅうしょうがい)などを起こし、たちまち死にいたります。消火活動の一方で煙(けむり)の状態にも気をつけましょう。
煙(けむり)が上方に増えはじめるのがわかったら、ぐずぐずせずにすぐに避難(ひなん)しましょう。

煙(けむり)の怖さ

火災で一番こわいのは煙(けむり)です。煙(けむり)はつぎのような障害(しょうがい)をおこします。

窒息(ちっそく) 煙(けむり)に含(ふく)まれる高温の微粒子(びりゅうし)が肺(はい)をいため、呼吸(こきゅう)ができなくなります。
視界(しかい) 煙(けむり)は見通しをきかなくし、行動をはばみます。
有毒ガス 煙(けむり)にふくまれる一酸化炭素などの有毒ガスをすいこむことで、意識不明やマヒを起こしたり、最悪の場合死にいたる場合があります。
避難(ひなん)方法

避難路(ひなんろ)の確保

まさかの時のために

避難経路(ひなんけいろ)になるはずの玄関(げんかん)や廊下(ろうか)におかれていたものが避難(ひなん)に支障(ししょう)となるばかりか、燃えだしてしまい、にげ場を失ったと考えられる火災で多くの命が失われてきました。
まさかの時のために避難路(ひなんろ)を確保しておきましょう。

バルコニーの仕切り板付近に物をおかない
で!

マンションやハイツのバルコニーに設けられている仕切り板は、火災などが発生したときに破壊(はかい)して通りぬけできるようになっています。
この仕切り板は、あなただけではなく、両隣(りょうどなり)が安全に避難(ひなん)できるようにしておいてください。