火災から身を守る

火事だ!そのときなすべき3つのこと

1 早く知らせる

早く知らせる

家族がいる場合はだれかがすばやく「119番」に電話をし、だれもいないときは近所に大声で「火事だ!」と知らせましょう。

2 早く消す

早く消す

消火器しょうかきや水で初期しょき消火に全力ぜんりょく行動します。
【油なべの場合】
1、ガスの元栓もとせんめる。
2、消火器で消す。
消火器がないときはフタをするか、軽くしぼったバスタオルを手前からかぶせましょう。

3 早く逃げる

早く逃げる

けむりにまかれると呼吸障害こきゅうしょうがいなどを起こし、たちまち死にいたります。消火活動の一方でけむりの状態にも気をつけましょう。
けむりが上方に増えはじめるのがわかったら、すぐに避難ひなんしましょう。

(けむり)のこわさ

火災で一番こわいのはけむりです。けむりはつぎのような障害しょうがいをおこします。

窒息ちっそく けむりふくまれる高温の微粒子びりゅうしはいをいため、呼吸こきゅうができなくなります。
視界しかい けむり見通しみとおをきかなくし、行動をはばみます。
有毒ガス けむりにふくまれる一酸化炭素いっさんかたんそなどの有毒ガスをむことで、意識不明やマヒを起こしたり、最悪の場合死にいたる場合があります。

避難(ひなん)方法

避難方法

避難路(ひなんろ)の確保

まさかの時のために

まさかのときのために

避難ひなん経路になるはずの玄関げんかん廊下ろうかに置かれていたものが避難ひなん支障ししょうとなるばかりか、燃えだしてしまい、げ場を失ったと考えられる火災で多くの命が失われてきました。
まさかの時のために避難ひなん路を確保しておきましょう。

避難路の確保の注意

バルコニーの仕切り板付近に物をおかないで!

マンションやハイツのバルコニーに設けられている仕切り板は、火災などが発生したときに破壊はかいして通りけできるようになっています。
この仕切り板は、あなただけではなく、両隣りょうどなりが安全に避難ひなんできるようにしておいてください。